Por que futsal? 

よく、言われます。

で、

中嶋さん、何でフットサルなんですか?

フットサルの何が好きなんですか?

皆さんも言われませんか??

フットサルの何が良いのか?

何故?フットサルなのか?

そんな話を暫くしていきたいと思います。

自分のチームには、ゲームの中にゲームがあるといつも話しています。

ゲームを局面分類することによって、今は何ゲームをしているのか?

  • トランジションゲーム(攻守)
  • 定位置ゲーム(攻守)
  • セットプレーゲーム(攻守)
  • 特殊局面(パワープレー、4☓3 …等)

この4つのゲームで全て勝てれば、ゲームにも勝てる。

そういう風に話すことが多いです。

攻撃においても、守備においても、この4つのゲームに勝つための準備をしなくてはいけません。選手にも強くそれを求めています。

先日、パワープレーの話もしたけど…

点差があり、追いつく手段の一つとしてそういう策も準備しておきたいのです。

それもゲームの一つだと….

勿論、そのために沢山の策( 戦術、戦略)も無ければいけないし、その策の使い方を伝えないといけないし、その策が相手にどういう影響を与えるのか?相手の分析も必要です。

そういう準備された策と、個々の様々な力が組み合うことで、相手に対してゲーム自体の優位性を創り出し、問題や課題が発見し解決出来るゲームが出来ること。

が、僕はコーチとして楽しいのです。

勿論、監督としたらタイムアウトのタイミングや、セット創り、交代のタイミング、沢山ゲームに関与出来ます。

これも楽しみの一つですね〜

僕は、そんなフットサルゲームをやる上で

このゲームに魅力があるのか?ワクワクするのか?

そんな事を常に選手に求めます。

フットサルのゲームがワクワクすること

クリンチに逃げるだけのボクシングは観たくないし

覇気のないアイドルのコンサートにも行きたくない

私、失敗しないのでと言い切らない大門未知子のドクターX も観たくない

パワープレーとしたら雑だけど、残り2秒でゴールを決め、会場中が何かに包まれるこの雰囲気。

この日、私の義理の父母が初めてフットサルを観に来たのだが(しゅうを観に)、立ちっぱなしで大興奮したらしい。

フットサルと言うスポーツは、そう、こういうワクワクドキドキが沢山ある。

どういうゲームにしていくのか?

どういうチームにしていくのか?

4つのゲームの中で、何を?どう?誰と?いつ?するのか?

そんな監督としての色も出せる。

そして、選手個人がその能力でゲームを創り出すことも出来る。

ワクワクドキドキをチームとして、個人として、魅せることが出来るスポーツだと言うことなのかな?

そして、そのワクワクするものが4つのゲームの中に沢山あるのです。

僕は、コーチとしては、それを創り出すことに魅力があると感じています。

そして、その創り出したもので勝ったらやっぱり嬉しい!!!

監督、コーチとして、自分の仕事がより反映しやすいスポーツとも言えるのかもしれませんね〜

勿論、サッカーも同様に監督、コーチの仕事が反映されます。ただ、フットサルのピッチ、スピード感、試合展開の早さは、もう一つの魅力の一つかもしれません。

選手のプレーがとても近くで観ることも出来るし、その空気感、息や、汗、緊張感も伝わります。

何か、ダラダラと書き綴りましたが、このようにフットサルには沢山の魅力があるのです。

策を観に来るも良し、息遣いを感じに来るも良し、一喜一憂する試合展開を観に来るも良し、時に感情移入してしまうぐらいチームが好きになって観に来るも良し、解説者的にゲームを分析するも良し、キュッキュッって言う音も中々心地よいかもしれませんね〜

また、続き書きます♪

ではでは、おやすみなさい!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。