価格と価値

価格

物のねうちを金額で表したもの。あたい。ねだん。

価値

どれくらい大切か、またどれくらい役に立つかという程度。またその大切さ。ねうち。

何かを買うとして、価格で買うのか?価値で買うのか?

これ、とても大事なことだと思います。

正確に言うと、今日そんな素晴らしい価値のある記事に出会いました。

https://note.com/takfut/n/n01b706a4d936

例えば、僕の仕事は指導してその対価としてお金を頂いています。

価格で来られるのか? 価値で来られるのか?

そして、僕は価格ではなく価値ある時間を提供出来ているのか?

改めて、何かを買うってこと、自分で何かを決める事に、価格で決めていないだろうか?

と、考えさせられる価値ある記事だった。

僕は、物を沢山買ってしまう傾向がある。

ついつい、セールだとか安くなったら買おうとしている自分が居る。

特に欲しい物がないから、こういう機会でも無いと買わない毎日。

だからこそ、ご褒美に良いかって思うんだけど、それって結局主導権は買いたい自分ではなく、買わせたい売り手にあるんだよね…

安い方を選んでしまいがちな世の中、何でも安売りに飛びつき、少しでも高かったら買わないって感じだけど、そうじゃなくてその商品が自分にとって価値あるものなのか?

なんだよね〜

買ったものは記事にもあるように自分への投資!!

投資であれば、少しでも質の高いもので価値あるものでありたい。

そして、その価値にふさわしい自分で居たいと思うものだ。

人との信頼、物の価値、人への感謝、空間での共感、もっともっと自分自身価格的な話をするのではなく、価値にこだわって生きていきたいなぁと思いました。

そう言えば、うちの奥さんも欲しい物、価値あるものしか買わない派で、買い物に遠出しても、欲しい物ではなかったら買わない人。

でも、僕は何で来たのに買わないの?って思う人。

買う欲求を見たいのではなく、価値あるものに出会いたい。そこそが物を買うなのかぁと、改めてうちの奥さんの買い物も改めてそうかぁと思いました。

自分が身につけるもの。

自分が日々使うもの。

自分自身の分身として道具になって活かしてくれるもの。

価格ではなく、価値あるものに!!!

良い学びの一日でした。

せっかくなので、記事にある学びのまとめを引用させて頂きます。

・ものを買うことはサービスに共感すること

・「価格」ではなく「価値」を見てものを買う(≠高いものを買う)

・変に節約するよりも、「その分いかに稼ぐか」発想を持つ

・いいサービスの裏側には誰かのいい仕事がある

・短期の「コスパ」ではなく、長期的に胸躍る「価値」や「思い出」「まだやったことのない体験」に投資する

https://note.com/okb46/n/n5d2cb63e2a22

俺も価値あるものを手にして、誰かの価値になる時間、空間、そして人になろうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。