ブラジルのフットサルに必要なもの サイドミラー認知!!

こんにちは〜!!

たまには、フットサルのコーチらしくフットサルの話を!!

さて、今回リーガの中から注目すべきシーンを切り取りました。

ボランチとかラインカットとか、流行りの何かではなく〜

とても、地味なシーンです。

でも、実はこういうのがブラジルのフットサルを支えてると思ってて…

日本的には首振るみたいな表現になるのかな?ちょっと分かりませんが!

僕は前からサイドミラー認知って言葉を使ってます。

まぁ、運転しながらサイドミラーを観て車線変更するじゃないですか?

あれに近いので、サイドミラー認知って名付けています。

前向きながらも、サイドミラーでしっかりと認知してアクションするってやつですね。

このシーンも、二人目がどのタイミングで来るのかをサイドミラー認知で図っています。

テンポライズをしてどうするか?

そのために、サイドミラーを使うのです。

このシーンは、逆に来なかったので、タイミング的にリーノがそのままフィニッシュにつなげたシーンですね。

という風に、ブラジルのフットサルのベースにあるのは知覚認知する力。

ゲームのコンテクストを創り、見抜き、手を打つのです。

そして、プレーを良くするために、タイミングをあわせるために、とにかくこうやって背後の情報もサイドミラーを使って観ているんですよね。

このネタは、昔、実はARIHARA大先生がやった大分女子CAMPでそういう話になって、それから僕も注目している所です。

運転してると目的に応じて、車線は変更したいですし、そのためにサイドミラーで観たり、窓越しに確認するじゃないですか?

是非、ブラジルの選手達のサイドミラー認知を真似て、より多くの情報を得てプレーのより良い決断に繋げていきましょうね。

さぁ、是非、今日のプレーから気にしてやってみてください〜

また、こんな感じでアップしていきますね〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。