よみぃとハラミと

最近、凝って観ているYou Tube

ストリートでその場にあるピアノで、色んな曲を弾いて沸かせる姿をYou Tubeで載せている人たちです。

視聴回数もすごいし、何より上手い、多分その場で聴いたらまた違う感じがあるんだろうなぁと….

じゃ、僕はこんな感じで指導現場で魅せれるのだろうか?

と、最近思ってて…

彼らは、自分の技量で沸かせること、そして、自分自身が楽しむこと、それが価値となって視聴回数に現れている。

単純に、ピアノと言うものを基礎的に学んでいないと出来ないし、色んなライブ感の中で相手に合わせないといけないし、何をするかという読みも必要だし、何より自分たちが楽しめているのか? 周りの人を楽しませているのか?

それ、自分できてるの?

って思うんです。

自分のトレーニング、ゲーム、そしてこういうアウトプットしたものでその技量を楽しんでいけてるのかなぁと….

そして、こんな選手を育てていけてるのかなぁと…

自分の技量で誰かを楽しませているか?

自分の技量で誰かの技量を引き出してあげれているか?

その、セッションで何かを創り出せているか?

こんな風に、自分生きていけてるかなぁ….

ある意味、ライブで色んな場所でこういうこと出来るかなぁ〜

最近、感じるのはやっぱりコーチとしては、こういう場経験が必要だなと…

どこかのチームに飛び入りでコーチしても、何かを創り出し価値を見いだせれているか?

このライブ感、そして、カメラを手にしてもらえるような指導が出来てるのか?

そう感じちゃうんだよね〜

でかい会場に人を集めて演奏するだけでなく、そこに人気だけで人を集めれるのではなく、ある日出会わせた人に、その魅力と価値を見いだせれてるのか?

フットサル、そして、自分の指導、トレーニングがある意味こういう場でありたいと思うのです。

そして、自分がこういう場で創り出せる何かを持っているのか?

日々整理して積み重ねないとなぁと思うのです。

さぁ、今日からでも遅くないやっていこう!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。